宮崎・口蹄疫01 – 発生

本日、えびの市では移動制限解除、実質鎮圧の見通しです。

あちこちで仕入れた情報の整理も兼ねて。。。
順を追ってココに残しておきます。
尚、先に書いてますけど「あぐ」だとか隠匿だとか輸入だとか。。。
よろしければ読んだ後、ほかのサイトやニュース記事などとも併せて個人でご判断下さい。
原因究明で明らかになる事はないと思っています。

もともと韓国・中国で発生しているので、農水省からは注意喚起されている。
県はもとより全国で神経を尖らせている時期

口の中や蹄に水ほうが出来て、口の中は24時間以内に破裂
患畜は立っていられず、食べる事も出来ない為に衰弱し死んじゃう病気
口や蹄なので口蹄疫

下痢発生
だからって、全てに対しいちいち口蹄疫検査までしません

3月下旬、水牛に下痢
チーズを作る為に飼われていたうちの1頭
特徴的な「激しいよだれ」、口の中や蹄に「水ほう」がない
これが1頭目

次に4月9日の近隣農家での発生
発熱と、わずかなヨダレがみられた。
「前日から発熱して食欲が無い」って事で2日前にも往診できている。
口の中には「水ほう」ではなくカサブタの様な潰瘍が見つかった。発症とすれば4日目になる。
発熱は1日でおさまり、口蹄疫の可能性は低いと判断
12日まで毎日往診したが、異常のある牛は見つからなかった。

何かはワカラナイけど、治ってしまった状況だと思われます。

獣医師は口蹄疫を全く想定していなかったわけではない。
しかし、症状からは口蹄疫と判断できなかった

16日最初の農場で発生。先の水牛は、ほぼ完治していた。
その水牛の隣で発生。2頭との事なので両隣だと思われます。
何らかの感染症の検査をするも、19日までに出た結果は陰性

ここで念の為、国の動物衛生研究所へ検体を送る。
このとき初めて口蹄疫の陽性反応が出た。
(現時点では、この動物衛生研究所でしか判定が出来ない。)

この診断にミスがありますか?
獣医師を責められますか?
県に手落ちがありましたか?

それとも、発熱や下痢があったら全て国の検査機関へ送付しなければいけませんか?

というか、国の機関でしか検査出来ないのも問題ありでしょうね
この時点では、誰かが責められる話ではないと思う。

04 6月, 2010