宮崎・口蹄疫・2010/06/08

あちこち保存しているうちに、肝心のキャプチャ無くしたり。。。ブログのURLがわからなくなったり。。。
備忘録的に見つけたサイト残すなう

鹿児島までも
宮崎口蹄疫の影響で鹿児島では出荷が止まっています。
他県でもセリが中止になったり被害は拡大しています。

ちょこっとだけ全国向けに放送されても、逆に落ち着いた雰囲気が漂ってしまうのは気のせいでしょうか・・・
スポンサー次第のテレビだけを信用するのは危険だと思うこの頃です。

宮崎では、未だなお埋却地が見つからず殺処分を待つ家畜います。
知事のツイッターによると、やっと半分と少しが埋却完了
とは言ってもですね、既に15万頭が殺処分となっています。
小ぶりな市の人口に相当します。

今、殺処分を待っているのは患畜の出ていない健康な牧場の牛や豚かも知れません。
でもワクチン打っているんで、発症しないだけかもしれません。
でも、どっちにしろ殺処分だからと、消毒を手抜きする農家はいません。
餌も与えて、今まで通りの世話をしている事でしょう。
ある意味、既に殺処分の済んだ農家よりも辛いのではないでしょうか

指針に従い対処しても、絶対に抑えきれるわけじゃない
だからって、いい加減に対処しても責任者は痛くない
手に負えないからワクチン接種殺処分で正解ではない

報道や県の対応を含め、不自然だと、おかしいと感じたのは5月に入ってから
検索かけてもほとんどヒットしなかった
瞬く間に広がる中の国対応はお粗末でしたね

多くの方が奮起しています。
当初バラバラだった個人の支援や応援が集まってきています。
大きなチカラで後押しできればと思いますが、被害は九州全域へと拡がっています

口蹄疫おそるべしです。
宮崎の口蹄疫は少しずつ感染ルートが解明されると思いますが、肝心なとこでうやむやになる気がする。
責任の所在はどこに?

櫻井よしこ「口蹄疫拡大は民主党政治の不策」
やまと新聞の号外<口蹄疫特別号>の全国配布イベント一覧
べぶろぐ(山崎牧場日記)
えがおがてげな - えびの市口蹄疫清浄化
Project NIPPON
フェニックスプロジェクト ポスターデータこれで自分専用Tシャツ作りますw
宮崎応援サイト収集

全くニュースや新聞に出ないのですが、ちょっと目を離すとモノ凄い勢いで話が進んでいます。
まだまだ「農家さんが完全復活するまで支援するゼ☆」的な支援の熱は冷めませんが、1日でも早く終わってほしい
現地でのいざこざも耳に入ってきます。畜産農家だけではなく周辺の被害者も取り上げて欲しい

あ。。。豚の事を書き忘れてた。。。明日にでも書こう

そうそう!
旬刊宮崎が訴えられているそうですが、おおよその話は5/15以前に出ていました。
現地農家でも「噂」程度。
真実はわからないのに、隣近所の同業者をやり玉にあげるのは気が引けるでしょう
実際、それどころじゃない状態です。

でも発症の順番から明確になるでしょう。
それがどのように報告されるのか、どう報道されるのか見たいと思ってます。

輸入藁かチーズ水牛か研修員か。。。それとも工作員か

[ad#co-2]

09 6月, 2010