通称:電波ゴト

パチンコやスロットに対してはあまり言わないけどセキュリティホールが放置されてる。
と言ってもあの手この手を尽くして電磁波飛ばして大当たり直撃が出来てしまうんだからメーカーとしても対策が難しいんだと思うのよね。

パチンコの大当たりの仕組みは置いといて、入ってもないのに検知してしまうセンサーに問題があるのか。。。
規則に則って出来上がったパチンコ自体が、そもそもの欠陥品なのか。。。

ちょっと昔のセンサーには有接点のものもあった。
ベロが出ていて、玉が通過するたびにカチカチ動作する。
おそらく現在は全てが無接点になってんじゃないかと
どっちにしても高出力の電磁波を飛ばせば信号が乗ってしまう。
それが大当たりのタイミングを狙えるとしたらウハウハだね

だども。。。
ピアノ線などを挿入して物理的に短絡させるゴトが電磁波へと移行するのは分かりきった流れなんだから
どうして電磁波を防ごうとしないのか?出来ないのか?
不思議で仕方ない。。。

だれかセル盤にメッシュ埋め込んで実験してほしいわ
電磁波4割カットとかでも全然有効なんじゃないかと思う。。。

埋め込まなくても裏面にメッシュ貼ってもいいんじゃない?
お店が独自にやるには無理があるし、製造段階で貼らんと。

どう?ダメ?

03 5月, 2012