Wins-serverのバカー

Winsサーバー変えた。
今までどのサブネットでも社内のワークグループが一覧に表示された。
いわゆるサブネット越えのブラウジングも出来た。

いままで古いVineをWinsサーバーにしていたけど、他の拠点同様ファイルサーバーとして動作させる必要が出来たので入替。
他拠点同様にFreeNAS0.69で立てた。

remote announceこそ、それぞれの拠点で異なるものの
wins server = 192.168.11.2 って部分を wins support = yes
って変えればwins serverとして動作するハズ。
でもローカルだけしか表示されなくなった。

他拠点WinXP・Win7共にこの変更したワークグループだけが見れない。
孤立してしまった。
じぶんとこだけが孤立してしまった。

とは言うものの、コンピュータ名を指定すれば繋がるので一覧のやり取りだけが出来ていない模様。
なんだったっけ。。。

しばらく悩んで見つけました。
他拠点のbrowse.datみたら前のNetbios名が残ってる。。。
今回の入替でWins-serverからNAS01へ変更しました。
つまるところ、別人はのけモノって事ですか?

以前にも悩んだ事があったような気がしてきた。。。
何回も手動で追記しても削除しても、他から引っ張ってくるみたいでなかなか正常なリストが出来ない。
便利なremote announceのせいかしら。。。

完全によそ者として見られてる。
Wins.datには各拠点のNetbiosは記録されてる。
リーダーだけど誰もついてきてないみたいな。。。
どうやら、根本的な同期のプロセスを理解しなきゃですな。。。
**************************************
後日。。
自分のブログを確認しながら正常化。

旧WINSサーバーを稼働させながら新SAMBA起動。
その状態で旧WINSサーバーを殺して新SAMBAを新WINSサーバーへと設定変更。
この手順がNGだったみたい。
細かいタイミングだけど、Winsサーバーが複数存在しないように気を付けたハズ。
にしてもWINS.DATに古い情報がいつまでも残る。
削除しても復活する。
古いNetbios名とIPが残っててブラウジング出来ない。
新しいWINSサーバーのIPも最初起動時のDHCPのIPが残ってる。
ファイルそのものを削除しても復活する。
再起動しても古いIP情報を持ってて更新されない。
どっかにキャッシュされてんのか?

一旦、wins support=noとする。
完全にWINSを止めて、不在状態にする。
WINS.DATは勝手に消える。
その後、改めて新WINSサーバーとして起動させる事でOK
あっさりでした。

他拠点の一覧は、5分から10分待ってれば出てくる。

02 8月, 2012