server-parsedしなきゃダメなの?

最近の疑問

FreeBSDにてApache
そのままだと何の問題もなく稼働。
Webページも表示される。
バーチャルホストも問題なし。

ただ、今回のドキュメントルートはSMBマウント。
古いけどHD-HTGL

こいつをマウントした時の動作が異常。
CSSとGIFなど画像を読み込まない。
どうやらJavaScriptも読み込まない。
他にもあるかもだけど。。。

Addしてもダメ
CSSをみたところ

レスポンスコード    200
Header  date : Sun, 02 Dec 2012 03:55:54 GMT
server : Apache
last-modified : Sun, 02 Dec 2012 02:52:50 GMT
etag : "ae3579db-954-4cfd5ba742480"
accept-ranges : bytes
content-length : 2388
connection : close
content-type : text/css

.htaccessにserver-parsedとしてCSSや画像の拡張子を設定してやると動く。

レスポンスコード    200
Header  date : Sun, 02 Dec 2012 04:47:23 GMT
server : Apache
accept-ranges : bytes
content-length : 2388
connection : close
content-type : text/css

こんな感じ。

吐いてるんだけど、何これ?
パーミッションなのかな??
なんでserver-parsedじゃないと動かないんだろう??

ちなみにヘッダー見たのはこちらのサイト
http://prog47.blogdns.org/etc/show_header.php
便利っす。
有難うございます。

ちなみに、これまでのVineのほうもドキュメントルートをsmbfsにて。。。
同じものをマウント。
こっちは全然問題なし。
BSDのほうだけなんかおかしい。。。

同じストレージをマウントして読ませてるんですけどね
どうして違いがあるのやら。。。
もう一度confを眺めてみます。。。

02 12月, 2012