フラットなデザインの備忘録

こないだ勤め先のWebサイトをべらりやり変えた所です。
ちょっと淡い色を使う?優しい色?みたいな
いわゆるフラットデザインで提案してみたら通りました。

けど、実はちょっと色弱な方々には見えにくいかもなわけです。。。

そこで確認してみました。
http://www.checkmycolours.com/
http://colorfilter.wickline.org/
公開してるWebサイトなら確認出来ます。
スタイルシートを読んでるみたい。

ユニバーサルデザインってやつですけどね、広告やパッケージなどの印刷物への対応も常識となりつつあります。
どうかすると、会社のオーナーさんの好みに任せるととんでもない色を使ってたりします。
ご本人はご満悦かも知れませんが、もしかすると数パーセントを取り逃がしているかも知れません。

東洋インキでは、シミュレーションソフトが配布されてました。
toyo-uding
色弱1型2型3型と選択できますわ。
その名も
「色覚ユニバーサルデザイン支援ツール UDing Simulator」
無料で送ってくれました。

そうそう。。。
紙媒体の広告が減ってインクメーカーも厳しいようすですが。。。
最近のCMYKが凄い色域で、RGBに迫るものがありますね。
インク自体が違うので依頼側から指定が必要だし、当然高くなるわけ。。。
だけど、従来のCMYKじゃ出なかった色が出るって惹きつけられるもんがあります。
特色とは異なり、専用のプラグインが必要だったりするみたいですね。
東洋インキだけじゃなくて、各社出てるので取引してる印刷屋さんで対応可能だと思います。
ちょっと気合い入れたパンフレットなどにどうでしょう??

うちのスタッフも同人か何かの表紙に狙ってましたw

25 6月, 2013