iPhoneのSIMロックとか解除の話し

携帯電話とかスマホってのは、携帯会社独自のサービスなんかもあるので「うち専用電話機」として発売しているんですね
飛んでる電波の方式なんかも違いがあるんで「うち専用電話機」になっちゃうんですね

けどそれは電話会社の言い分であって、購入した者に言わせると「他の電波でも使えたらいいのになー」てなる。

そこに来て、MNPなんかで携帯会社をあっちこっち動けるようになったもんだから更に拍車がかかりーの、「なんでこの電話機が使えないんだ!」という不満になる。
「ちゃんと代金は支払ったのに、なぜ使えないんだ!」という不満が膨らんでくるわけですね

それはもう何年も前の古い話しだけど、海の向こうではSIMカードなるものを差し替えれば「どこの電話機でも使えた」のです。
正確には、その電話機が対応する電波や通信方法が対応していればって事になるんですけどね

この「SIMカード」って奴の情報を読み込んで「うち専用」じゃなきゃ使えない状態を「SIMロックされている」などと言うわけです。
そうなると、どこのSIMカードでも使えちゃう電話機のほうが使い勝手が良さそうですよね。

たしかに、電話機の代金を支払っている途中に他社に変更されたらツライ。
けど約2年ほどで代金を支払い終わった後なら、「うち専用電話機」って縛りも解除していいんじゃないの?
ぼちぼちと、ちらほらと、そういう動きになってきました。

実際に解除してくれる電話会社もあります。
全世界で同じ端末を発売するAppleのiPhoneやiPadなんかは話が少々異なりますけど
最近では、最初から「SIMフリー」という何でもOKな電話機もあります。

で、ここからが本題
先ほど「少々異なる」って書いたiPhone、これ世界中で販売されるので世界中の電波や通信方法に対応しているんですよ
ベースは同じなんだけど、発売する国や電話会社に合わせてあれこれカスタマイズされています。
基本的にはSIMロックされた状態で販売しているんですけど、一部の電話会社ではSIMロックを解除してくれるサービスを行っています。
日本では、SIMフリーのiPhoneは販売されていますが、SIMロック解除サービスは行われていません。(やっちゃおうよ!って話も進んでますけど)

このSIMロックを解除サービスは怪しい裏ルートで行うSIMロック解除ではなく、電話会社が取り次いでくれるサービスなので安心ですね。
iPhoneの場合はAppleが電話機を管理しています。
Appleへの手続きが済むと、どこのSIMカードだろうと使えるようになります。

私も何度かお願いした事がありますけど、どこのカードでも使えるようになるのは嬉しいもんです。
その電話機が対応している電波でしか使用できませんけど
それでも契約する電話会社やプランの幅が広がるってもんです。

すごく安いプランで維持できるようになるんです。

これが「アンロック」とか「ファクトリーアンロック」と呼ばれる方法です。
いわゆる純正SIMフリー
元々販売されていた国の法律に合わせてカスタマイズされた物なので、同じiPhoneでもメニューや機能が異なったりします。

こうなってくると、日本製iPhoneでもアンロックしたいと考えるのが自然な流れです。
しかし、他国と比べて非常に高価であったり、また不可能になったり、不安定な状態でした。
最近また安定した裏ルートサービスが提供されているようですが、それでも諭吉が飛んでいく価格ですね。

そんな日本製iPhoneでも簡単に他社SIMが使えるようになる方法が出てきたわけです。
それが「下駄」GPPとかKINGなんちゃらとかGEVEYですかね

これらは、挿入した他社SIMカードを元の携帯会社のSIMとして認識させる物です。
ファクトーリーアンロックしたSIMフリーとはわけが違います。

当然ながら本来の「SIMフリー」ではありません。

やれ「アップデートするな」とか「再起動したら電波がダメ」とか、なんの不安もなく使用できるファクトーリーアンロックの純正SIMフリーとはわけが違いますけど、出来るだけ安く他社SIMを使いたい場合は良い選択肢だと思います。

ただ、それはSIMフリーではない。

私が所有するアメリカATTのiPhone4Sはファクトリーアンロックされています。
ドコモのピンクSIMでもすんなり使用できる端末ですが、下駄を用いるとピンクSIMが使えなくなったりします。

国内キャリアは「SIMロック解除のオプションは需要がない」と反対してるけど、それは魅力のない端末だから解除しないだけですね。
なんだかんだ言いながら、解除サービスはスタートすると思います。
電話会社オプションの解除サービスは海外では無料だったりします。
日本ではどうなりますかね。。。
裏ルートの高価な解除サービスも、今が稼ぎ時なのかもしれません。

09 11月, 2014