侍とか武士道とか

ここ最近の報道やニュースを見てると、生前の活動を美化して評価すべきだ!みたいな感じにもとれるこの頃。。。

実はもう勢力は弱まっている、とか
内部で反発が強まっている、とか
いずれ崩壊する、だとか
楽観的なコメントも多く聞こえる。
政府に対してはとりあえず体裁保てばいいって程度にしか感じられなかった。

なんていうかその
大義を胸に単身乗り込んで命と引き換えにしてまでも訴えたかった事があった。
その思いを無駄にしてはいけない。。。

みたいな。。。
死して意志を継ぐ感動物語ぽく聞こえてくる。

対岸の火事ではなく、日本国内にもテロリストが侵入しているかも知れない。
なのに、危機感を打ち消すようなコメントしか聞こえてこない

内紛とか紛争とかテロとかで亡くなったニュースははじめてじゃないでしょ。
見過ごしちゃいけない事もたくさんあるだろうけど、それに対して平和ボケしすぎてんじゃないかな
援助とか支援とかやってる場合じゃないと思う

対策は十分なの?

05 2月, 2015