PX-F10000目詰まり

いくつかの店舗に導入していますけど、早いものは5年経過しました。
これから先は寿命による部品の定期交換も増えてくる頃ではないかと思います。
保守の延長は1年更新。妥当な期間だと思います。

先日、うちで起こった事例を紹介しておきます。
ありがちなトラブルなんですけど、この機種に限らず自動で目詰まりのチェックとかしてくれるんですよね
インクを湯水の如く使えるのでれば両手挙げて喜ぶところなのですが、解消できない目詰まりが発生すると頻繁に自動クリーニングを行ってしまいます。
印刷中、目詰まりしてるっぽかったら自動でクリーニングしてくれる優れた機能なのですが、この自動クリーニング時に残量の少ないインクがあるとクリーニングが停止しちゃって、予定した時間に出力が終わっていない事もしばしば。
逆に十分な容量が残っていると垂れ流しのようにクリーニングを行い、インクを浪費してメンテナンスタンクを早く満タンにしてしまいます。
当初算出したコストでは出力が出来なくなっているのに気が付かないケースもあるのではないでしょうか

たまにはパターン出力してみましょう。
2016-01-21 10.21.05

今回、うちの機体はみごとに散らかってます。
何度となくパワークリーニングも行ってみましたが、そのたびにインクが減りメンテナンスタンクに溜まるだけで解消しません。
2016-01-21 10 20 10

無駄に消費するよりさっさとサービス呼んだほうが早いです。

結果は、ヘッド交換。
もちろん保守内でおさまるので出費はナシ

インクのクリーニング回数も減ってスムーズな出力が出来るようになりました。
EPSONなので7年で部品生産を切ると思いますけど大切に使いたいですね

※自動巻き取りはクソですけど(笑

26 2月, 2016