NAT越えたいWake On LANですよ

越えられないのは仕方ないのでそこをどうにかすり抜けようと頑張ったところでいずれは塞がれる事も予想されるわけで真っ当な方法でなんとか頑張りたいと考えていたわけです。
で、各拠点に設置しているFreeNAS0.69からどうにか飛ばせないものか前々から考えていたのですが、そこへんに転がってるphpからのWOLはどうもうまく動かないし手間をかけて動かしたところで構築作業の手間が増えるのも面倒なので割と放置気味でした。
なんか事が起こった時には現場に行けばいいことですし。。。VPNで繋がっているからといってもたまには現場を確認する事は大切ですよ。。。

結果、FreeNAS0.69からのphpでは無理っぽいので諦めたところです。
Socketが入ってないのでどうにかして入れたところでやっぱ面倒ですね。
諦めたにはそれなりの理由がありまして、APMやACPI周りでちょいちょい手間がかかるFreeNAS0.69を卒業してNas4Freeへ移行しているところなんですが、元からSocketが入ってるし’–enable-sockets’なんですね。
これはもしやガラクタとなっているソースが動くんじゃないかと試してみたところ結果良好だったわけですw
バッチリ起動してくれます。
これで他拠点NAT越えてWOL出来そうです。
いやなに、さっさ新しいモノをガンガン導入すればもっと早く気が付いたのかもしれませんけど古いモノが好きなんですよ

動いたのがこちら
http://www.synology-wiki.de/index.php/Wake_on_LAN_(WOL)_nur_mit_PHP,_auch_%C3%BCber_das_Internet
https://sourceforge.net/projects/wolviaphp/
wolviaphpはv1もv2起動できました。
Webサーバー稼働させるつもりはないのでWeb設定画面のディレクトリに突っ込んでます。

まだ検証しなきゃいけないNas4Freeですがこの環境はとても有り難いですね
機体のほうもやや古くてセレ700とかさすがにいつ止まってもおかしくないので不安の種です。
ここ最近なんどもお別れを心に決めながらもやっぱり戻ってしまうめんどくさい微妙な関係なのですが
軽くてスリムでとても頼りにしていたFreeNAS0.69にはお役御免で隠居して頂きましょう。

09 7月, 2017