生き返りなさいPX-9000

もう8年使ったPX-9000
昨年、部品供給が終わるとの事で保守更新は出来なかった。
仕方ないので使えるまで使おうと、壊れた時に買いかえれば良いかと話していた矢先
昨年末にエラー続出。
0001000Dとか末尾が5だのCだの7だのあやふやなサービスコールが出てしまったです。

一応サービスに問い合わせたところ、部品は出ないから掃除だけ行うと。。。
もし復帰したら5万円、直らなかったら3万円などとエラくいい加減な答え。

思ったより早い昇天だったけど、いい機会だから買い替える気でいたんですが。。。
出来るだけ掃除してみようじゃないかとなりました。

状態としては
インク:194145ml
ヨウシ:5928588cm
なんて数字が出てるけどどう?
ヘッドの上部ローラーの軸がすり減って、ヘッド搬送の時にカラカラと音が鳴ります。
ここは交換対象ではないと交換を拒否られた機体です。

ちなみに、上と下と決定ボタン押しながら電源入れるとサービスマンモードです。
ちと強力なクリーニングも出来ます。

で。。。
今回の症状は、印刷出力がブレて徐々に右にズレてきます。
調子良いかと思ったら、途中からブレます。
ブレて戻ったり、更にズレっぱなしになったりで用紙からハミ出します。
しまいにゃ斜行してると言ったりします。
エラーが出ずに本人は印刷した気分だったりします。

何かしらのタイミングが合ってないか、位置の認識がおかしい感じ。

やった事
操作パネルを外して、ケーブルを抜く
用紙押さえのレバー外す
カバー丸ごと外す
反対側のカバーも外す
表のカバーを開ける。
インクカートリッジのカバー外す
上に被ってる板も外す

すると、下から見上げるように見ると分かりやすいのですが薄黒いフィルムが張ってあります。
これ拭き掃除。
空ぶきじゃ落ちなかったのでアルコール使いました。
このフィルムを挟むようにヘッドにセンサーが付いてます。
このセンサーは外からエアー吹き付け。

すると、かなり改善されたっす
ノズルチェックのプリントしただけでも全然変わりました。
もうちょっと念入りに拭いてみようかと思っているとこ。

このフィルムはエプソンだけでなく、他メーカーの大判プリンタにもあったりします。
フィルムだけなら、カバー外さなくても良いかも知れません。
ダメもとで復活させたい場合は参考までに。。。
[ad#co-2]
何が良いかって、メーカー純正のリサイクルインクがあるんですわ
9500からは無くなったんですよね。。。
おかげで怪しい非純正のリサイクルの営業とかウザくて仕方ない。
あんなの使わないほうが良いですょ
目詰まり放題ですから。。。

PX-F10000を見積ったら、EFIのRIPと部品込の5年保守入れて100万円なり
どうすっかな~

16 1月, 2012