Paypalのビジネスアカウントは使えるのか!?

Paypalのアカウントをビジネスアカウントにしてみた。
まだ「書類を確認中」だけど・・・

個人だけど受け取りたい場合に備えてのアップグレードです。
無料だからやってみました。
事業主でもないけど、そこへんは適当に書いてみました。

で。。。
本人確認の書類が必要なわけですが
運転免許証
住⺠基本台帳カード
⽇本国パスポート
健康保険証
各種年⾦⼿帳
各種福祉⼿帳
外国⼈登録証明書 または在留カード

などなど色々対応してます。
https://www.paypalobjects.com/ja_JP/i/pdf/Paypal_Personal_Check.pdf

ま、お手軽に運転免許証を写メってアップロードすれば完了。
確認待ちとなります。
確認ふぁいるアップ
約5MBまでのファイルで問題なさそうです。

でも。。。
スマホで撮影した1.5MBの画像が弾かれます。
でかすぎると嫌われます。
1個ファイルあたりの制限は明記されてないように思うんだけど。。。
運転免許証の場合は両面が必要なんだけど、それでもじゅうぶんなサイズだと思う。。。

気持ち小さく編集して約1.0MBにしてみてもダメ。
思い切って解像度も半分に落として500KB程度にしてみたところ通りましたわ。

ペイパルはクレジットカード、またはデビッドカードで利用する事が出来る。
ヤフオクでクレカ使うみたいに、ペイパルに対応しているショップや個人に対して世界中で使える。
直接クレジットカードを使うよりも都合のいい事があったりする。

そうそう
ペイパルを使ったショップ内スマホ注文とかもアリだと思う。
現金持たなくていいもんね。。。
客がペイパルアカウントを持っていることが前提かな。
条件としてWi-Fi提供。
で、店内外の極近辺のクライアントのみメニューなどが閲覧可能っと。

店内QRコード読み込みでそのショップのメニュー表示。
この時にテーブル番号なんかも入れてて良いかも。
そこからオーダー
支払いはペイパルで即済み

オーダーはショップごとに異なる体系だったりするんで。。。
受けた商品をテーブルまで持っていけばいい。
注文した後に逃げてもキャンセルしないぞ。

または、オーダー後にスマホ本体にバーコードを表示。
そのバーコードをレジで読ませてから商品提供とか。
そのショップ専用のアプリはやめて欲しいぞ。
QRの読み込みから始まりメニューもオーダーも決済も全て。

要はショップ内でネットショップをオープンさせた感じか。
もちろんやっぱり人が接してこそだけど。
焼き肉屋とか居酒屋では手書きオーダーが主流だったりする。
何故??

問題は。。。
ペイパルが止まったら営業出来ないw
突然現金なんて用意してないしw
うっほーどーしよーってなる。
また、ペイパルからあらぬ疑いをかけられてアカウント停止とかなったら直近の売上がストックされたままになってしまう。

ん?ちとまて
コンビニで「iDで」って言うのと大差ない感じだな。。。
あれれ。。。
ただ合理化だけを追っかけてもね
手数料の問題なんだろうけどー

08 2月, 2013