スマホのマナーモード(妄想プレゼンですよ

マナーモードのままだった!
うっかり忘れがちなスマホのマナーモード切り替えですど、これじつは大変便利なアプリがあります。
指定のWi-Fiを検知したり、時刻や場所によって切り替えられたり、その設定はケースバイケースで柔軟に対応してくれたり、めっちゃ便利なアプリがいくつかありますが、やはりその設定は複雑。
複雑すぎて管理も面倒になったり、自分の思ったような動作をしなかったり、バージョンアップで動作が変化したりと満足に使えないケースも多々あります。

そこでシンプルイズベスト!!
世界共通、Wi-FiのSSIDによる切り替えを導入しませんか?

HallSpot
PoliceSpot
HospitalSpot
Restaurantspot

などなどだいたい読めば分かるでしょ?
世界標準のSSIDが取りきめられ、そのSSIDに対応したマナーモード動作が策定されたんです!
実際に通信する必要はありません。
予め決められた上記のようなSSIDを検知したら一定時間マナーモードへの切り替えが自動で行われるんです!

「携帯電話・スマートホンの電源はお切りになるか、マナーモードへお願いします」なんてアナウンスは不要!
勝手にマナーになります!
そこから移動すれば自動でマナー解除になるんです!

利用者、来客の方々のすべてのOSに搭載しちゃってるんです!

店舗や事業所などに設置しているWi-Fiルーターの設定をONにするだけ!
すでに設置済みの方々はファームウェアを最新に更新して下さい!
AutoMannerを導入するにはお使いのルーターを最新バージョンへアップデートするだけ!

設定画面でいずれかにチェックするだけ!
HallSpot
HospitalSpot
Restaurantspot

もちろん!機内モードWiFi有効やバイブ有効など細かい設定も可能です!

WindwosPhone、Android、iOSなど主要なスマートフォンは順次対応していますよ!
各社WiFiルーターも「AutoManner」対応モデが続々と充実のラインナップ!
「AutoManner」エリアから移動すれば自動的にマナーモードから復帰します!

こんな便利な仕組み「AutoManner」ぜひご利用ください!

※旧機種で対応していないWiFiルーターでもSSIDを設定して頂ければ運用可能です。
※ご利用になるスマートホンのバージョンによっては対応していない場合もあります。
※オマケ機能の高速移動中はドライブモードへの切り替えは端末によって動作が異なります。
※実際にインターネットへの通信を提供しなくてもマナー切替のみの運用も可能です。

17 3月, 2017